忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第26回 全国研究集会ⅰn奈良(報告)1日目

Img_23371 (猿沢荘)

場所 猿沢荘ちょうど猿沢池の南にあります

ここで、11月1日から、2日にわたり、全国研究集会が開催されました

総勢170人を超えました 

京都は、会員22名、一般3名、学生2名 総勢27名が、参加しました

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

開会式

Img_22521 (猿沢荘3階『わかくさ』の間)

11月1日土曜日13時より

 奈良支部と いえば、司会進行 進士さん 大きな進士さんが豆粒の用になっているので、人数の多さが、わかるかと思います

全国研究集会資料が、背表紙つきで厚さ1センチを超え、びっくりしました

Img_22591(猿沢荘3階『わかくさ』の間)

続きまして、本田先生の開会の挨拶から、はじまりました

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

記念講演 

「唐招提寺金堂の修復と伝統文化」 松井正和 氏(奈良県教育委員会)

Img_2269 (猿沢荘3階『わかくさ』の間)

スライドが、右と左にも用意されて、正面だけでなく、後ろのほうも、見やすかったです

最後に、質疑もあり、議論も白熱しました

中でも、唐招提寺金堂は、明治31年から32年にかけて修繕され

今回平成10年から21年にかけての大修理 で、今回5度目になるそうです

前回は、はね木をダブルにするような、大修理を1年ほどの短期間で、されたそうです

それでも、支えきれず、柱や斗組が、こけてきたので、阪神大震災の影響もあり、

修理に踏み切ったそうだ、明治のときに すでに、和組み構造に、トラス構造を組み入れ

ボルト類などで、補強されていたのには、びっくりした

試行錯誤の末の決断のようです

今回も、同様に、ボルト類などで、補強され方杖や、トラスなどで、補強されつつあります

平成21年の夏すべて、完成予定

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

分科会A 合同問題提議

Img_23121  (猿沢荘3階『わかくさ』の間)

人数も多いので、半分づつに別れ

久永さんの司会で、

第1分科会 地域と環境デザイン(中林浩さん)

第2分科会 すまいの技術論(林工さん)

第3分科会 環境と住宅(奥田徹さん)

の 問題提起を聞きました

写真は、左から、林さん 久永さん 清原さん

清原さんは、第3分科会の司会進行役です

自分が、出席しない分科会も、さわりが 聞けて、大変良かったです

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

懇親会

Img_23301 Img_23291 (懇親会3階『わかくさ』の間)

京都営業所から、15人参加

右は、懇親会開会の乾杯をきながに待っているところ
左は、奈良支部の川本さんのサックスホンを、聞きながら、わいわいしゃべっているところ

奈良支部は、食い物だけは、たくさん出てきましたので、私としてはとても、満足しました
かにの差し入れは、量もありよかったです

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

2次会

Img_23331 (JR奈良駅前 贔屓屋)

ホテルの近所

総勢 40人 ぐらい なかなか、面白かった

費用は、2,000円安かった

他の支部の現状や、いろいろ聞けた

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

おまけ ホテル

Img_23351 (宿泊施設 サンホテル 奈良)

このホテルは、姉歯建築設計の構造設計で、12階建て全175室

2005年11月開業直後に、休業に追い込まれ補強工事を経て、2007年7月10日に、再開した宿泊施設です

まったく かわったところはなく ホテルの対応も、とても良かった

従業員が、がんばっている感じがした

贅沢を言えば、朝食は、窮屈で、混んでいるので、ホテルの混んでいるときは、早めにいったほうが、良いでしょう

リンク報告

■興福寺ライトアップ



   ■新建築家技術者集団京都支部(新建京都支部) 支部会員の日記

PR

管理者用 リンク

カウンター

昨日は
合計
2008年9月22日よりカウント


ブログ村 京都情報

忍者ブログ

[PR]

TemplateDesign by KARMA